トップページ Versa Super Versa KA1 Lite KL-1 KP-1

OM2501HF リニアアンプの概略

OM2501HFはアマチュア用HF帯全バンド、WARCバンドを含む1.8MHzから29MHz帯までカバーする全モード対応
マニュアルチューニングのリニアアンプです。
真空管はセラミック4極管FU-728FもしくはGU84bのいずれかを1本使用しています。


OM2500HFの仕様
周波数範囲 : 1.8MHz〜29.7MHz帯の全てのアマチュアバンド(WARCバンドを含む)
可能最大出力: HF帯 SSB/CW 2.5KW, RTTY/AM/FM 2KW
最大出力に必要な入力電力: 30〜60W
入力インピーダンス: 50 Ohm VSWR < 1.5 : 1
出力ゲイン: 17 dB
出力インピーダンス: 50 Ohm 不平衡
使用可能最大SWR: 3:1
高SWR保護: 反射波350W以上を検出した場合自動的にSTBY状態になります。
IMD: -32 dB以下
副次輻射抑圧比: -50 dB以下
使用送信管: セラミック4極管FU-728FもしくはGU84b 1本
冷却装置: ブロアー及び換気ファン
AC電源: 単相200V 50Hzもしくは60Hz(設置エリアの周波数にて出荷します)
電源トランス: トロイダルコアを2個使用した2KVAのトランス
サイズ: 485mm × 200mm × 455mm (幅 × 高さ × 奥行き)
重量: 40 kg
保護回路: - 過大SWR
- プレート過電流
- スクリーン過電流
- スクリーン電圧異常
- グリッド電圧異常
- グリッド過電流
- ヒーター電圧異常
- 非同調
- 異常温度
- ソフトスターター
- ドアスイッチ(高電圧より人体を保護)
表示装置: - 4.3インチカラータッチスクリーン
特徴 充実した保護機能
警告やエラーを記憶してメンテナンス性を向上
バイアス電流の自動調節機能で真空管交換時の調整の手間を無くすことができた。
必要に応じてスケールファンの3つの動作モード
フルQSK運用可能
充実した動作状況の表示
REMOTEコントロール用にLANコネクターを装備、
リモートコントロール用にフリーソフトを用意
外部自動ANTスイッチをサポート
LAN用接続 Lantronix(type XP1001000-05R)を使用したXPORT経由でLANとインターフェースされています。
詳細はwww.lantronix.comを参照してください
XPORTのデフォルトセッティングは以下の通り
IP address: 192.168.1.222
Mask: 255.255.255.0
Gateway: 192.168.1.1
これらはデフォルト設定です。
Webブラウザ経由でXPORT Web GUIにアクセスして、これらのいずれかを変更できますが
XPORTインターフェースの他のパラメーターを変更することはお勧めしません。変更すると通信
が失われる可能性があります。 デフォルトのユーザー名またはパスワードはありません。
ユーザー名とパスワードを設定してWebインターフェースを保護することを強くお勧めします。
保証 1年間保証(修理は、すべて日本で行います)
真空管(FU-728F) 標準価格 \528,000(税別) 送料別 真空管(GU84b) 標準価格 \560,000(税別) 送料別
   
お問い合わせ
製品のご注文及び納期に関しましてはお問い合わせください。